人気閲覧ページランキング

何を販売するのかを決める

ネットショップ 商品

 

さて、ここでは、これから販売していく肝心の商品を何にするのかを
考えていきましょう。

 

売りたい商品がある方は、その商品を想像してください。
まだ、商品が決まっていない方は、先にこれから書くことを
考えてみましょう。

 

 

ターゲットを想像しよう!

それは「ターゲット」です。
「ターゲット」を考えるというのは、
その商品を誰に対して販売するのかを
決めるということです。

 

それも、具体的に想像してください。

 

  • 年齢層は?
  • 性別は? 
  • 職業は? 
  • 生活パターンは?

 

例えば、販売した商品が、「レディースファッション」だとします。
しかし、ひとことで、「レディースファッション」といっても、
様々なジャンルがあります。

 

  • 若い女の子向け
  • 大きめサイズの人向け
  • 大人の女性向け
  • カジュアルファッション
  • ビジネスウーマン向け

など・・・。

 

それらの軸を固めなくては、お客様から見ても、どんなショップなのか
わからず、まとまりのないショップになってしまいます。

 

 

ターゲットから商品を決める

ネットショップ ターゲット

 

メインターゲットを30代の主婦としたとします。
しかし、それだけでは足りません。

 

30代の主婦が好みそうな洋服という発送だけでなく、
30代の主婦が必要とする洋服を販売しなくてはいけません。

 

それを想像するためには、具体的なターゲット設定が必要なのです。
例えばこんな感じです。

 

小さな子供がいる専業主婦。
朝6時に起きて、旦那様を見送り、
子供を幼稚園に送ったら、9時頃からインターネットを楽しむ。

 

15時になったら、子供のお迎えに行き、ママ友と少しお茶をしたら、
帰りに夕食の買い物にスーパーへ寄る。

 

こんな生活の中で欲しい服は、

近所にお買い物や幼稚園への送り迎えで着る

カジュアルで動きやすい

派手すぎないけど、可愛い洋服

自宅で洗濯できる素材

 

こうなるわけです。

 

販売する商品を決めたら、それらが実際にどれくらいの金額で売られており、
どれくらい売れているのかも調べておきましょう。

 

 

まずは資料請求で情報収集!!

ネットショップ経営

 

資料請求で「成功事例集」「成功者インタビューレポート」が手に入ります!