人気閲覧ページランキング

決済の準備

ネットショップ 決済

 

「決済」を準備するとは、お客様の代金の支払い方法を用意することです。

 

ネットショップの支払い方法は、いくつかあります。
お客様が利用したい支払い方法が用意されていなければ、せっかく商品を
カートに入れても、最後の支払いのところで諦めてしまう(購入をやめる)
可能性があります。

 

逆に決済方法が充実していれば、お客様の購入ハードルが下がります

 

よって、固定費がかからない方法であれば、
できるだけ多くの支払い方法を用意しておきたいですね。

 

 

決済の種類

 

クレジットカード

ネットショップ クレジットカード

 

まず、絶対に必要なのは、「クレジットカード決済」です。
私の経験ですが、パソコンから購入する人の約6割が、クレジットカード
支払いを選択されます。

 

特に、いつも利用しているモールでの買い物の場合は、クレジットカードを
登録しておけば、都度カード情報を入力する必要がないので、とても便利です。

 

「クレジットカード決済」は、ショッピングモールに出店する場合は、
利用できるようにモール側で用意されています。

 

独自ドメインの場合は、カート機能にセットで用意されていることが多いので、
そういったレンタルカートを選びましょう。
カード決済手数料がかかりますが、これは当然ショップ負担です。

 

 

代金引換

次に多いのは、「代金引換」です。
これは、宅配業者が、宅配した際に、回収代行してくれるサービスです。
現金支払以外に、クレジットカードも使えます。

 

代金引換は、手数料がかかりますが、お客様が負担するショップが多いです。

 

銀行振込

ネットショップ 決済

 

そして、「銀行振込」です。
銀行振込には、前払いと後払いがあります。
これは、ショップ側でお客様へ事前に指定します。

 

会社名やショップ名名義の口座を用意しましょう。
万が一、返金が発生した場合も、この口座から返金すれば、
お客様へ会社名やショップ名で振り込むことができます。

 

振込手数料の安いネット銀行や郵貯銀行の口座も用意すると
お客様に喜ばれます。

 

コンビニ支払い

そのほかに、「コンビニ支払い」もあります。
バーコードが付いた払込用紙を商品に同封したり、
ダウンロードできるURLをお客様へご案内します。

 

これも、前払いと後払いがあります。

 

 

これらの決済方法で、用意できるものをできれば全部用意しましょう。

 

 

まずは資料請求で情報収集!!

ネットショップ経営

 

資料請求で「成功事例集」「成功者インタビューレポート」が手に入ります!