人気閲覧ページランキング

在庫管理と棚卸

ネットショップ 在庫

 

ネットショップで大変な業務のひとつが、在庫管理です。

 

 

棚卸で正確に在庫を把握

在庫は増えれば増えるほど、管理が難しくなります。
そのため、棚卸は、毎月行うことをお勧めします

 

棚卸とは、在庫の個数を正しく把握するものです。
これは商品別に細かく、正確に行う必要があります。

 

仕入れ原価は、すぐに経費として計上できるわけではありません。
売れた分が原価として計上でき、在庫は「棚卸資産」として計上します。

 

棚卸資産の計上方法

「棚卸資産」の金額は、仕入れた金額×在庫数で算出されるので、
正確な棚卸が必要になります。

 

棚卸をするときは、「棚卸表」を作成し、数量を記録していきます。
「棚卸表」は税法上、7年間の保存が義務づけられています。

 

また、不良品などで、販売からはずした商品も、棚卸します
摘要欄などにその旨を記載しておきます。

 

また、商品在庫だけで棚卸を行うと、まだ届いていない商品が
漏れる可能性があります。
必ず、納品書なども確認するようにしましょう。

 

 

在庫管理は信用につながる

ネットショップ 在庫

 

在庫管理は、販売のうえでも重要になってきます。
それは、在庫管理がしっかりされていないと、本当は在庫ゼロの商品を
在庫があるかのように販売し、売れたときに困ってしまうからです。

 

「やっぱりありませんでした」では、信用を失ってしまいますね。
そのためにも、在庫を正しく把握し、販売されると自動的に減っていく
仕組みで運営しなくてはなりません。

 

在庫を登録すれば、売れると自動で計算される仕組みでも、
返品やキャンセルなどで在庫が戻った場合、
手動で在庫数を変動させることがあります。

 

そういったことを繰り返すと、在庫数がずれてしまうことがありますから、
定期的な棚卸を行い、登録されている在庫数と相違がないかを確認する必要があります。

 

 

まずは資料請求で情報収集!!

ネットショップ経営

 

資料請求で「成功事例集」「成功者インタビューレポート」が手に入ります!