人気閲覧ページランキング

運用業務の流れ

ネットショップ 発送

 

運用業務を把握しておくと、必要なものや人材も検討しやすくなります。
ここでは、オープンしてからの業務の内容について説明します。

 

受注、発送業務の流れ

受注

まず、受注チェックをします。
ここで、決済の確認も行ないます。

 

例えばクレジットカードであれば、カード会社のオーソリーが取れているか、
前払いの銀行振込であれば、入金はされているかなどです。

 

注文してくれたお客様の注文内容を確認し、お客様へ注文のお礼と
内容の確認メールを出します。

 

特に伝えないといけないことがある場合は、ここで事前に伝えておきます。

 

例えば、「本日発送処理に入りますので、
キャンセルや変更は●時までにお願いします」などです。

 

 

発送準備

ネットショップ 発送

 

次に、納品書や送付状を作ります。
そして、注文された商品の発送準備にかかります。

 

注文データを元に、宅配伝票を作っておきます。
日時指定がある場合は、その指定も忘れずに入れます。
納品書と伝票は一緒にしておきましょう。

 

ここまでできたら、商品を倉庫からピックアップします。

 

発送前に、もう1度商品の検品をしましょう。
商品に間違いがないか、破損や汚れがないかをチェックします。
そして、商品を梱包します。

 

 

発送

ネットショップ 配送

 

梱包できたら、納品書を同封し、伝票を貼ります。
宅配業者に荷物を渡したら、お客様へメールで発送のご連絡をします。

 

その際に、伝票番号も一緒に伝えましょう。

 

 

その他の業務

それ以外では、ショップの更新作業メルマガの作成もあります。

 

また、商品の仕入れや広告を出す場合は、その出稿作業もありますね。

 

仕入れた商品が届いたら、

  • 検品
  • 商品リストの作成
  • 商品撮影
  • 商品ページの作成

が待っています。

 

1人で1日にこなせる発送作業数や作成できる商品ページ数などを把握しておき、
売上が増えてきたら、人材の追加を検討していく
と良いでしょう。

 

 

まずは資料請求で情報収集!!

ネットショップ経営

 

資料請求で「成功事例集」「成功者インタビューレポート」が手に入ります!