人気閲覧ページランキング

商品画像加工で購買力を上げよう

ネットショップ 商品画像

 

商品画像は、高解像度に設定したデジカメで撮影すると思います。
そのまま使用したら、画像が大きすぎますね。

 

そこで、商品画像の加工が必要になります。

 

 

画像加工のポイント

サイズを調整する

まずは、サイズを調整をします。
ここで、注意ですが、サイズは、これから先同じサイズで使用していきます
よって、最初に決めるサイズが重要です。

 

なぜ同じサイズでないといけないのかというと、写真付き(サムネイル)の
商品一覧が並んだときに、サイズの違う画像が並ぶと、
ページが「ガチャガチャ」に見えてしまいます。

 

最低でも、横と縦の比は同じでなくてはいけません

 

また、サムネイルは、例えば、「300ピクセル×300ピクセル」で表示しても、
その画像をクリックすると拡大画像が見られるといった仕組みにする場合は、
サイズ加工は拡大した時のサイズを優先します。

 

大きな画像を小さいサイズに見せることはできますが、
小さいサイズの画像を拡大すると、画像が荒く使えないからです。

 

大きい画像といっても、画面に横スクロールが出てしまうくらい大きいと
逆に見づらくなってしまうので、600〜700ピクセル幅くらいまでが
丁度良いかと思います。

 

色や明るさを調整する

ネットショップ 画像加工

 

サイズの加工をしたら、色や明るさも調整してみましょう。
画像加工ソフトを使えば、簡単に調整できます。
暗い画像では、売れる商品も売れなくなってしまいます。

 

ここはうまく調整することで、購買力を大きく上げることができます。
ただし、色や明るさを調整しすぎて、実際の商品と違わないように
注意しましょう。

 

あらゆる画像を用意する

ネットショップでは、商品を手にとって見ることができないので、
商品画像がとても重要になります。

 

少し多すぎるかなというくらいの画像をアップしてあげることが必要です。

 

また、

  • 色々なアングルから撮影したもの
  • ポイントごとのアップ画像
  • 洋服などであれば、モデルが着用している画像

など、あらゆる画像があると購入しやすくなります。

 

 

まずは資料請求で情報収集!!

ネットショップ経営

 

資料請求で「成功事例集」「成功者インタビューレポート」が手に入ります!