人気閲覧ページランキング

読者の目を引く商品撮影

ネットショップ 商品画像

 

商品の仕入れをしたら、商品画像を撮影します。

 

商品撮影は、ネットショップの課題のひとつです。
本格的に撮影しようと思うと、機材を揃えるのに、大変高い費用がかかります。

 

持っているデジカメで読者の目を引く画像が撮れるように工夫してみましょう。

 

 

撮影のポイント

「ジャケット」を例に、進めていきたいと思います。

 

商品画像の撮影

まずは、商品画像の撮影です。

 

トルソー(マネキン)にジャケットを着せた撮影で、
全体のシルエットを撮ります。

 

それから、どんな生地感なのかが伝わるように、生地のアップ画像を撮ります。

 

さらに、

  • ボタンは?
  • ポケットは?
  • 裏地は?

ジャケットは、気になる部分が色々ありますから、
それぞれのポイントがわかるように写真を撮ってください。

 

しかし、これで終わりではありません。

 

着用画像を撮影

ネットショップ 商品画像

 

実際に使用している画像がないと、なかなか購買意欲が湧きません。
モデルを使ってもいいですし、スタッフが着用していても良いと思います。

 

この着用画像があるか、ないかで、購入率は大きく変わります。

 

この例の「ジャケット」であれば、着丈はどれくらいなのかなどが
着用してくれないとわかりませんね。

 

また、モデルの身長などが記載されているとよりわかりやすいと思います。

 

撮影の際は、ストロボやデフ板などの撮影機器があれば良いのですが、
そうでない場合は、自然光で撮ると綺麗に撮れます

 

室内の照明は、撮影には弱すぎます。
また、カメラに付いているフラッシュも、ストロボとしては弱すぎます。

 

明るい時間に、商品に直接日光を当てずに、
フラッシュなしで撮影
すると綺麗に撮れます。

 

 

まずは資料請求で情報収集!!

ネットショップ経営

 

資料請求で「成功事例集」「成功者インタビューレポート」が手に入ります!