人気閲覧ページランキング

商品リストの作成

ネットショップ 商品リスト

 

商品の仕入れができたら、商品リストを作りましょう。

 

 

必要な項目

商品リストに必要な項目は、

  • 商品番号
  • 商品名
  • 色やサイズなどの情報
  • 仕入れ数(在庫数)
  • 販売金額

などがあります。

 

これ以外にも、

  • 仕入れ先
  • 仕入れ日
  • 仕入れ金額

などを入れておくとのちに会計処理に便利です。

 

 

商品番号の付け方

ネットショップ 商品番号

 

商品番号は、その商品が存在する限り、基本的には変更しません。
また、その商品が廃盤になっても、再度使うことはしません。

 

過去の情報を見るときに同じ商品番号を使っては、どの商品か
わからなくなってしまうからです。

 

また、色やサイズごとに商品番号を分ける場合は別ですが、
大抵の場合は、同じ商品ページで、色やサイズを選べるようにしますね?

 

その場合は、商品番号は、枝番(えだばん)で振るようにします。

 

具体的には、「1234」という商品が「親番」であり、これの黒と白に、
「1234-b」「1234-r」などと「-(ハイフン)」以下の枝番を付ける
ようにします。

 

商品番号は、それだけで、どの商品のことかがわかるように整理するものです。

 

 

商品名のつけ方

次に、商品名ですが、これは、付けた人だけでなく、お客様も商品名だけで
どんな商品かがわからなくてはいけません。

 

また、「SEO対策」を意識し、
検索にヒットしやすい商品名にすることが必要です。

 

例えば、花柄のロングワンピースを販売するとします。
これを「フラワーロングワンピ」と商品名をつけるとします。

 

この名前では、なかなか検索されることは少ないのではないでしょうか。
その時期に、雑誌などで使われている言葉に変えるだけで、
検索数は圧倒的に増えます。

 

この場合は、「花柄マキシワンピース」としたほうが良いでしょう。

 

商品名は、決して適当につけてはいけません。

 

 

まずは資料請求で情報収集!!

ネットショップ経営

 

資料請求で「成功事例集」「成功者インタビューレポート」が手に入ります!